このエントリーをはてなブックマークに追加

変化する

突然の別れで悲しくなっても大阪の家族葬なら絶対後悔させません。最高の葬儀で家族を満足させてお見送り致します。

大切な故人のためだからこそ墓石クリーニングをして常に綺麗な状態を保てるようにしよう!ピカピカに磨けけば天国にいるあの人も笑顔です。

直葬の基本的な知識や情報

直葬は近年比較的多く選ばれる葬儀形態の一つです。 儀式的な通夜式や告別式をせずに自宅や安置所などで24時間過ごした後に火葬場に向かい火葬のみを行います。 場合によっては火葬場で僧侶などにより読経が行われることもあります。 近親者のみが立会い会葬者などは一切呼びません。 直葬に必要な費用は棺代や遺体搬送代、火葬場の使用料で約20万円程度と言われています。 この20万円という金額は儀式的に行われる祖意義の10分の1程度と安価です。 そのため経済的な理由で選択する人が多いです。 しかし近年では直葬のイメージも変化し、様々な理由で選択することが増えています。 少子高齢化などにより今後益々増加するのではないかと予想されます。

形式にとらわれないことで得られるメリット

近年では、経済的な理由などがなくてもあえて直葬を選択する人もいます。 その背景には形式にとらわれることなくゆっくりと故人を見送りたいという気持ちがあるようです。 葬儀も個人の考え方が重視され、より自由に行うものとして見直されてきているのではないかと思います。 直送は火葬すること以外特に決められたことがありません。 直葬のように形式にとらわれる必要がなければ、自分の理想通りのお見送りができるというメリットがあります。 火葬までの間どのように故人と過ごしてもいいのです。 形式にとらわれた葬儀の場合は様々な準備に追われてしまうこともあるため、故人と過ごす時間を比べると直葬の方が長いのも事実です。 どのような葬儀を行うとしても、本当に大切なことは故人を偲ぶ気持ちなのだと思います。

想いをモノと一緒に供養しよう!遺品整理を西宮でやるなら任せてみませんか?無料で見積もりし、迅速に対応してくれます。

その人との区切りはココで。遺品整理を東京でやるならプロに頼ることも大切です。一人ではできないようなこともプロに任せてみましょう。

遺族に金銭的な負担をかけない直葬を選ぶ人が増えています。大切なお金を生きている人が有効に使ってほしいという故人の希望を叶えます。

変化を知る

お墓も時代とともに移り変わっています。これまではお墓は代々受け継がれていくものでしたが、家族が一緒に住むことが少なくなっている現代では夫婦墓が注目されています。

» Read more...

システムを利用

永代供養とは、お墓を守ってくれる人がいない場合や、お墓参りなどができない人に変わって供養するというシステムです。これを利用することによってどんなメリットがあるのか教えます。

» Read more...

足りないこと

都内にあるお墓を利用するときには、基本的に需要と共有のバランスをしっかりチェックしておく必要があります。また、価格もしっかりチェックしておかないと後からトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

» Read more...